自分で出来るケアで基礎からキレイを目指す!

紫外線と乾燥

美しい肌を手に入れる為にはお手入れも大切ですが、日々降り注いでいる紫外線を防ぐ事はとても重要です。紫外線を浴びると美肌の天敵であるトラブルになる可能性が増えるのです。

 

・乾燥肌→多くの人は乾燥肌は冬になりやすいと思っているでしょう。
しかし、紫外線を浴びる事で肌は乾燥してしまうのです。魚の干物は、炎天下の下に置いておくだけで干からびてカラカラになりますよね。私達人間も同じで、太陽の下にいれば紫外線や熱によって体の水分は失われ、それは皮膚の水分も同じでカラカラの状態になってしまいます。

 

・ニキビ→すでにあるニキビは、紫外線を浴びる事で更に炎症が進み悪化してしまいます。ニキビがない人でも、紫外線によって乾燥した肌の隙間からウィルスや紫外線が入り込み、ニキビとなってしまいます。

 

・シワ→ハリや潤いのある肌は、皮膚の表皮と呼ばれる部分にたっぷり水分が詰まっています。しかし、紫外線によって水分が蒸発してしまうと、水分で張っていた皮膚がたるんで目尻などの小じわになってしまいます。

 

紫外線は肌の乾燥を引き起こし、その乾燥がまた次の肌トラブルを引き起こすという怖い連鎖を引き起こします。これが繰り返し行われる事で老化が進んでしまうのです。いつまでも若々しくいられる為には、少しでも早く正しいUV対策とケアが大切。

 

紫外線を防ぎつつ、浴びでしまった紫外線はその後すぐにケアをして、水分たっぷりのしっとりとした肌を保つ事がアンチエイジングの秘訣です。

 

紫外線って何?

太陽の光に当たると人間の皮膚はやけて黒くなります。それは太陽の光に紫外線が含まれているから。太陽の光には、暖かいと感じる赤外線や目に見える可視光線、そして目にも見えず感じる事もない紫外線の3つがあります。

 

紫外線を英語に訳すと”ultraviolet”。よく耳にするUV対策のUVとはultravioletの略なのです。紫外線はA波、B波、C波と種類あり、そのうち地球上に届いているのはA波とB波の2つ。

 

UV-Aは家の中にいても窓ガラスを通って入ってきて、日焼けの原因となっています。B波は屋外にいる時に、肌に直接当たって日焼けを引き起こします。ですから、屋内・屋外どちらも日焼けの対象となりますから、毎日UV対策を行わなければいけません。

 

ただ、外出前に日焼け止めを塗ったからと安心して外出すると、日焼け止めは手を洗ったり、こすったりして取れてしまっている場合がありますし、日焼け止めを塗ったからといって絶対に日焼けしないわけではありません。

 

日焼けをしたくない人は、日焼け止めや他のUV対策グッズを併用する事をおすすめします。

 

ちなみに一日の中で紫外線が一番強い時間帯は、午前10時?午後14時までの4時間。この4時間に降り注ぐ紫外線量は、1日の半分以上と言われています。

 

季節では5月?9月が多く、6月ではすでに真夏と同じくらいの紫外線が降り注いでいるのです。

 

また平地よりも山、海やプールの中は水に反射して紫外線量が多くなる場合があるので、レジャーに行く際も日焼け止め対策はしっかりと行いましょう。


このページの先頭へ戻る